サーバー移転につき投稿画像が表示されない場合がございます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどお願いいたします。

VHS 春講座1日限定 Ikebana one day lesson in spring

花心 Ikebana
ブログ運営維持のため記事内に広告が含まれています。

1日限定のいけばなコースをWeil am Rhein VHSにて行いました。こうして開講できるのはとても嬉しい反面、少し責任も感じます。

でも単純に参加者の皆さんが楽しんでくれたら、結果オーライでしょうか。それに多分、そこから始まり…だと思うからです。

VHS 講座タイトル ー 春を感じるいけばな
Einfuehrung Ikebana mit einem Gefuehl fuer Fruehling

いけばな作品

  • 生け花は立体ですが、写真で撮ると平面に見えてしまいます。写真用に花を生けてませんので、その点をご了解の上ご覧くださいませ。
  • 写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

参加者の皆さんは、昨年11月開講時とほぼ同じメンバー。私のファンと言ってくださった素敵な参加者のみなさんでした。とてもありがたいですね。毎回、枝、葉、そして花の扱い方に感心をされ、出来上がったいけばなの絶妙なバランスやハーモニーに感動してくれます。

また完成したいけばなは、たとえ同じ花材を使っていても活けた人の個性が現れるので、それもまた面白い、素晴らしいと。植物はパワーを与えてくれるので、レッスン中はみなさんも私も笑顔でした。

見本でいけた花

花:赤芽柳、チューリップ、ミモザ
Materials: Weidenkaetzchen, Tulpen, Mimose

講座について

これから教えたい、という方のために簡単に流れ的なことなどを書いておきます。

参考になれば幸いです。

講座の流れ

  • 自己紹介
  • 小原流の歴史や花型について話す
  • 本日の花型、花材について説明
  • デモンストレーションしながら解説
  • それぞれ花をいけ始める
  • 見て歩きながらヒントを与える
  • いけ終わった参加者から個別指導をしていく
    この際、個人がいけた花を尊重しながら説明していく。ポイントとしては、花型の主核の部分を注意深く見ていく。
  • 作品を並べ、簡単な寸評
    同じ花を使っても、いけ手が違うと別の作品になるということ。また花材の使い方で良いのを挙げていく。
  • 撮影
  • 後片付け

講座が終わってから気づいたことをメモとして残します。

  • 写真は作品の上からではなく、垂直に撮ったほうが足元が見えなくてスッキリする
  • 作品の背景は出来るだけ余計な物が映らない場所がより良い
  • チューリップはいけている間に開花してくる花なので、初心者には難しい花材
タイトルとURLをコピーしました