セイヨウオトギリ(西洋弟切)Hypericum perforatum 花が終わっている状態での姿

花名 Name

花ポートレート

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
☆写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

2020年7月下旬撮影

使用カメラ Nikon D300
撮影地 ドイツ南西部

写真を撮った時のこの花は、8割くらいがすでに茶色になっていました。

それでも所々に花を咲かせ夏を名残惜しんでいるように見えたのは気のせいでしょうね。

ドイツ南西部の6月、7月は暑くて、猛暑の年ですと40度近くまで行くこともあります。そんな日は流石に外へ散歩は行かないのですが、それでもこの花は咲いているのではないかと勝手に想像します。

薬草として有名なこの花。古代ギリシアで最初に医薬品として利用した記録があるそうです。それほどまでに古くから利用されているので、この環境の変化というのにもうまく順応しているのではないかと思うからです。

英名やドイツ名には聖ヨハネの名前がこの花につけられています。それは、6月下旬の洗礼者ヨハネの祝日前後に開花するためが由来だそうです。

6月下旬、まさに夏真っ盛りなドイツ南西部ですが、頑張って青々としたこの花を見てみたいと思っています。

基本情報

和名:セイヨウオトギリ(西洋弟切)
別名:セント・ジョーンズ・ワート、コゴメバオトギリ(小米葉弟切)
科 属名:オトギリソウ科 オトリギリソウ属
学名:Hypericum perforatum
ドイツ名:Echte Johanniskraut, Echt-Johanniskraut, Gewöhnliches Johanniskraut, Durchlöchertes Johanniskraut, Tüpfel-Johanniskraut oder Tüpfel-Hartheu, meist kurz Johanniskraut oder Johanneskraut
英名:Serforate St John’s-wort, common Saint John’s wort, or simply St John’s wort

ドイツにおける背丈

15cmから100cm

ドイツにおける開花期

6月から8月

種類

多年草

原産地

ヨーロッパ、アジア、北アフリカ

花言葉

日本語の花言葉

「預言者」「素朴さ」「増悪」「秘密」