1月に咲きだしたヒメオドリコソウ(姫踊子草)Lamium purpureum

花名 (Flower's Name)
この記事は約2分で読めます。

近年の温暖化の影響は小さな草花にも影響を及ぼしております。このヒメオドリコソウは本来は3月頃の開花ですが、今年(2020年撮影)は1月初旬に目にすることができました。なんとも花は正直ですね。

そうなると本来3月の気候に似ている?ってことが言えるのでしょうか。2ヶ月も先取りとはこの先一体どうなるのでしょう。

そんな重大なことも気になりますが、やはりまだまだ春になりきっていないこの時期はひと昔前なら見ることができなかった、つまり氷点下での花の姿を見ることもできます。喜んでいる場合ではないのですが、やっぱりちょっと嬉しくなってしまうのは人としてのサガでしょうか…

花名:和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:ヒメオドリコソウ(姫踊子草)
別名:
科 属名:シソ科 オドリコソウ属
学名:Lamium purpureum
ドイツ名:Purpurrote Taubnessel
英名:red dead-nettle, purple dead-nettle, purple archangel or velikdenche

背丈、開花時期

ドイツにおけるこの花の…
背丈は15から45cm
開花期は3月から10月

種類

一年草または多年草

原産地

ヨーロッパ

花言葉

「愛嬌」「陽気」「快活」「春の幸せ」

花写真

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

上4枚は2020年1月撮影
その他は2020年2月撮影

使用カメラ Nikon D300
撮影地 ドイツ南西部

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
花名 (Flower's Name) 赤/ピンクの花
HanaKokoroをフォローする
スポンサーリンク
IKEBANA 花こころ Germany
タイトルとURLをコピーしました