夢見る花園 フランスギク(仏蘭西菊)Leucanthemum vulgare

花名(Flower Photos)
この記事は約3分で読めます。

この花のドイツ語名はMagerwiesen-Margeriteで、いわゆる一般的に言われているあのマーガレット?(和名:モクシュンギク(木春菊))(学名:Argyranthemum frutescens)のことかと思いきや、この記事を書くにあたって、学名が全く違うことに気づきました。思い込みはダメですね〜。

それでは、この花の日本での名前は?となって調べたら、フランスギク(仏蘭西菊)と判明しました。日本では帰化植物とされているそうです。最初は園芸用として輸入したのが、今では野生化しているとのこと。そのうち駆除対象にならなければいいなと思っています。

さて、調べていてわかったフランスギクとマーガレットの違いについて、せっかくですから備忘録的に書いてシェアいたします。

きっと忘れた頃に、あれ?違いってなんだっけ?と考えると思うので。

フランスギクとマーガレット(モクシュンギク(木春菊))の違い

フランスギク(仏蘭西菊)モクシュンギク(木春菊)
学名Leucanthemum vulgareArgyranthemum frutescens
ドイツ語名Magerwiesen-MargeriteStrauchmargerite
英語名Ox-eye daisy, oxeye daisy or dog daisyParis daisy, marguerite or marguerite daisy
原産地ヨーロッパカナリア諸島
見分け方
  • 葉縁にはぎざぎざ(鋸歯)。
  • 深く切れ込まない。
  • 形は靴べらに似ている。
  • 葉が細かく別れている。
  • 若葉が春菊のように細かい。
  • 茎や枝が木質化する性質がある。
備考以前は日本でもマーガレットと呼ばれていたが、モクシュンギク(木春菊)と区別するためフランスギク(仏蘭西菊)という和名がつけられた。上記のことからモクシュンギク(木春菊)という和名がついた。

フランスギクは以前マーガレットと呼ばれていた、ということですからマーガレットでも間違いじゃない?ということでしょうか。

ドイツ語名ではフランスギクでもモクシュンギクでもマーガレット(Margerite まーがりって)という単語が入っていますから、いいのかなと。

ただ種類の違う花ということだけは忘れないようにしたいですね。

花写真

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 南西ドイツ

☆この記事は主にドイツ(南西ドイツ)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

花名:和名、学名、ドイツ語、英語

和名:フランスギク(仏蘭西菊)
科 属名:キク科 フランスギク属
学名:Leucanthemum vulgare
ドイツ名:Magerwiesen-Margerite
英名:Ox-eye daisy, oxeye daisy or dog daisy

原産地

ヨーロッパ、

花言葉

「夢見る」「無実」「忍耐と悲哀」

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
花名(Flower Photos)
HanaKokoroをフォローする
スポンサーリンク
IKEBANA 花こころ Germany
タイトルとURLをコピーしました