ソバ(蕎麦)Fagopyrum esculentum

花名 Name

ソバは古代からの作物で、ドイツでソバについて書かれたのは1380年と1396年だそうです。

16世紀以降のヨーロッパでは、気候や土壌によって他の作物では育てるのが困難な地域にて栽培されてました。

17世紀から18世紀の中央ヨーロッパではソバの栽培が盛んだったそうですが、ジャガイモの栽培が急増するとソバの重要性が大幅に低下したそうです。

そして20世紀になると人工肥料が改良され、貧困な土壌でも生産性の高い作物が栽培可能となるとソバは全く重要ではなくなりました。

しかし食生活の変化により菜食主義者やビーガンの間で人気となりつつあるとのことです。

そしてドイツでソバの花を見つけるには畑以外はないそうです。

ということで、この写真も畑で撮影したはずなのですが、どこだったのか記憶が曖昧です。しかも一年草ということなので、毎年栽培をしているのか不明。

でもソバ食品の人気が高まれば見る機会も増えるかもしれませんね。

花写真 ポートレート

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
☆写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

2020年9月中旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

基本情報

和名:ソバ(蕎麦)
別名:
科 属名:タデ科 ソバ属
学名:Fagopyrum esculentum
ドイツ名:Echte Buchweizen oder Gemeiner Buchweizen
英名:Buckwheat or common buckwheat

ドイツにおける背丈

15cmから60cm

ドイツにおける開花期

6月から10月

種類

一年草

原産地

中国

花言葉

日本語の花言葉

「幸福」「あなたを救う」「懐かしい想い出」