ベニバナ(紅花)Carthamus tinctorius オレンジ色が印象的な花

花名 Name

花ポートレート

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
☆写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

2015年8月上旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

切り花としてお花屋さんで買うことができる花です。花持ちは良い方で、ドライにすることもできます。

いけばなの花材としては、花の少ない夏に使いたい花です。ただ一本、一本だけにしてしまうと、色が濃い割には寂しい印象となってしまいます。

枝を外してまとめて使う際には、色が濃いので花が目立ち過ぎてしまうので、それにも気をつけなければなりません。

こうして書くと、なかなかに扱いの難しいお花です。

基本情報

和名:ベニバナ(紅花)
別名:スエツムハナ(末摘花)、サフラワー
科 属名:キク科 ベニバナ属
学名:Carthamus tinctorius
ドイツ名:Färberdistel, Saflor, Öldistel, Färbersaflor und Falscher Safran-Edelweiß
英名:Safflowe

ドイツにおける背丈

60cmから130cm

ドイツにおける開花期

6月から8月

種類

一年草

原産地

小アジア

花言葉

日本語の花言葉

「情熱」