キンセンカ(金盞花)Calendula officinalis カレンデュラやポットマリーゴールドという名前でも知られている

花名 Name

一年草であるこの花は春先に種を撒くと、その年の5月には咲き始めるそうです。撒いてすぐ咲くって、わたし的には待つ時間が少ないのはなんだか嬉しいです(笑)。

そしてこのお花は、観賞用の植物として古くから育てられているお花の一つで、よって原産地というのがはっきりと分からないそうでがだいたい地中海あたりということだそうです。情報によっては南ヨーロッパと大括りになっていると思われます。

また学名にはラテン語でofficinalisとありますが、これはオフィス(仕事場)という意味。18世紀の植物学名の決まりでは、薬草にはこのofficinalisの他にも「実験室」とか「薬局」とかの名前をつけるという規定があったそうです。ラテン語もですがギリシャ語も学名として使われる頻度が高いので知っておくと便利かもしれないですね。

さて、写真の金盞花はぶどう畑にて見つけました。ぶどう畑にてよく見るではなく、また一年草なので毎年出会えるか分からない花ですが、前年こぼれ種にて咲いてくれると散歩での楽しみが増えます。

庭に植えても可愛いお花なので、ちょっと挑戦してみたいなと思いました。その前に花壇作りが最初ですが笑

花ポートレート

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
☆写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

2015年10月下旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

基本情報

和名:キンセンカ(金盞花)
別名:カレンデュラ、ポットマリーゴールド
科 属名:キク科 キンセンカ属(カレンデュラ属)
学名: Calendula officinalis
ドイツ名:Ringelblume auch Garten-Ringelblume
英名:Pot marigold, ruddles, common marigold or Scotch marigold

ドイツにおける背丈

20cmから60cm

ドイツにおける開花期

5月から10月

種類

一年草

原産地

地中海

花言葉

日本語の花言葉

「別れの悲しみ」「悲嘆」「寂しさ」「失望」

ドイツ語の花言葉

Klugheit(知恵), Eifersucht(嫉妬), Heilige Liebe(聖なる愛)

Kommt Zeit, kommt Rat!(時間が経てば分かる!)

Ich wünsche, mit dir zu tanzen. (あなたと一緒に踊れることを願う)