イカダカズラ(筏葛)Bougainvillea spectabilis ブーゲンビリア

花名 Name

濃いピンクが目を惹きつけるお花です。わたしのいるドイツ南西部では夏の間、公園などの野外でも見ることは可能ですが鉢植えでの栽培です。霜が大敵なので冬の間は室内へ移動させるため。

トロピカルな色はブラジル原産と聞いて、納得と言いますか、暑さの好きな花?なのかなと勝手な想像をしてしまいます。

蔓性なのでハート型や円形の針金に沿って育てられた鉢が売られているのを時々目にすることもあります。水や肥料をやりすぎなければ初心者でも育てやすいそうなので、挑戦してみたいお花です。

花はどこ?

花に見えるピンクの部分は苞(ほう)と呼ばれるものです。実際の花は真ん中の白い花です。

Bougainvilleaの由来

学名にあるBougainvilleaは、18世紀から19世紀にかけて生存していたフランスの航海士兼世界一周をしたルイ・アントワーヌ・ド・ブーゲンビレ(Louis Antoine de Bougainville)に敬意を表して付けられたそうです。

花ポートレート

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。別の地での撮影した写真を掲載の際には可能な限り明記をするようにしています。
☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。
☆写真の著作権は運営者であるHanaKokoroにあります。掲載写真の無断利用を禁止しております。

2015年8月上旬撮影

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 ドイツ南西部

基本情報

和名:イカダカズラ(筏葛)
別名:ブーゲンビレア、ブーゲンビリア、ココノエカズラ(九重葛)
科 属名:オシロイバナ科 イカダカズラ属(ブーゲンビレア属)
学名: Bougainvillea spectabilis
ドイツ名:Bougainvillea
英名:Great bougainvillea

ドイツにおける背丈

ドイツでは鉢植えでの栽培のため300cm以下

ドイツにおける開花期

5月から8月

種類

蔓性低木

原産地

ブラジル原産

花言葉

日本語の花言葉

「情熱」「熱心」「魅力」「あなたは魅力に満ちている」「秘められた思い」