日陰でひっそりと咲いていた白い花 シャク(杓)Anthriscus sylvestris

花名(Flower Photos)
この記事は約2分で読めます。

この手のお花も種類が豊富で、本当にこの名前で正しいのか自信はありません。もし違っているようでしたら教えてください。

さて、調べていきますと食べられる?ようですね。

でもよく似たお花が毒を持っているということなので、やはり確信がなければ食べないことに越したことはないでしょう。

山菜やきのこ狩りはちょっとやってみたいなとは思いますが、よく知っている方と一緒でない限りは採りませんし、採れません。

これも花の名前と一緒なのかなと思います。

さて咲いていた場所は山小屋の近く。もしもこのお花が食べられると知っていたら、キャンプでの料理の一品になるのかなと想像しました。

自然の中で、自然の物をいただく醍醐味って、いいですよね。

花名:和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:シャク(杓)
別名:ヤマニンジン、コジャク、ワイルドチャービル
科 属名:セリ科 シャク属
学名:Anthriscus sylvestris
ドイツ名:Wiesen-Kerbel
英名:cow parsley, wild chervil, wild beaked parsley, or keck

背丈、開花時期

ドイツにおけるこの花の…
背丈は60から150cm
開花期は5月から8月

種類

宿根草

原産地

花言葉

「味わいのある」「特徴的な」

花写真

☆この記事は主にドイツ(南西ドイツ)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

使用カメラ Nikon D7100
撮影地 南西ドイツ

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
花名(Flower Photos)
HanaKokoroをフォローする
スポンサーリンク
IKEBANA 花こころ Germany
タイトルとURLをコピーしました