アルケミラモリス Alchemilla mollis セイヨウハゴロモグサ(西洋羽衣草)小さくて可愛い黄色い花

花写 Photo&Name

ガーデニングにも切り花にもかかせないアルケミラモリス。

その姿は黄色いかすみ草?を彷彿とさせます。

ガーデニングでは、ロクガーデンやら下草のように使うと爽やかな感じに仕上がるようです。

小さな黄色い花は、遠目から見るとふわふわしていて、軽やかさを倍増してくれます。

いけばなでもこのお花を使うことはあります。

花つきの間隔が広いので、少し多めに使うようにした方が良いかもしれません。

また葉っぱが丸くて可愛いので、それを活かしていけるのもありだと思います。

花の組み合わせも洋花はもちろん、意外と和っぽいお花にも似合いそうです。

ところでお花の名前ですが、英語名とドイツ語名は夫人のコートという名前です。

コートは上着とも言い換えられるでしょうか。

和名は英語名を日本語役にしたそうですが、羽衣とは素敵な言い方ですよね。

これは私の勝手な想像ですが、アルケミラモリスの葉っぱの部分がコートの襟部分、ふわっとな毛皮?な感じやら、羽衣のふわっとした感じに見えます。

スポンサーリンク

花名:和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:セイヨウハゴロモグサ(西洋羽衣草)
別名:アルケミラモリス
科 属名:バラ科 ハゴロモグサ属(アルケミラ属)
学名:Alchemilla mollis
ドイツ名:Weicher Frauenmantel
英名:Garden lady’s-mantle or lady’s-mantle

背丈、開花時期

ドイツにおけるこの花の…
背丈は40から60cm
開花期は6月から8月

種類

宿根草

原産地

東ヨーロッパ、コーカサス

花言葉

「初恋」「輝き」「献身的な愛」

花写真

☆この記事は主にドイツ(ドイツ南西部)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

2020年6月中旬撮影

使用カメラ Nikon D300
撮影地 ドイツ南西部