ホトケノザ(仏の座)|花名写真

花名(Flower Photos)
この記事は約2分で読めます。

ドイツ語名はStängelumfassende Taubnesselといって、Stängel(茎)umfassende(広い)Taubnessel(仏の座)と分解できそうです。ん〜何のひねりもなくて、まんまですね。

Taubnessel の付くお花は仏の座以外にもあって、Weiße Taubnessel(オニアザミ、ヤマアザミ、踊子草)、Purpurrote Taubnessel(ヒメオドリコソウ)です。

そして和名と花がどう繋がるのか、いつも不思議に思っているのですが、この花の場合には、花の下にある葉が茎を包み込むようになっているのが仏の蓮華座に似ているので、「仏の座」というそうです。

世界のどこでも見られる花。つまりは雑草ということになるのですが、「仏の座」というと何だかありがたい感じがするのは気のせいでしょうか。そして意外にも?花言葉も素敵です。

さて、日本では「ホトケノザ」というと春の七草の一つですが、この花は全く関係ありません。春の七草とは別物なので、間違っても食べないようにしてくださいね。

花写真

☆この記事は主にドイツ(南西ドイツ)で見た花を撮影して構成しています。☆このブログを通じて、花はどこでも咲くということを実感していただけたら幸いです。☆写真の著作権は管理人にあります。無断利用を禁止しております。

花名:和名、学名、ドイツ語名、英語名

和名:ホトケノザ(仏の座)
別名:サンガイクサ(三階草)
科 属名:シソ科 オドリコソウ属
学名:Lamium amplexicaule
ドイツ名:Stängelumfassende Taubnessel
英名:Henbit dead-nettle, common henbit, or greater henbit

原産地

アジアやヨーロッパ、北アフリカなどに広く分布

花言葉

「輝く心」「調和」「小さな幸せ」

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
花名(Flower Photos)
HanaKokoroをフォローする
スポンサーリンク
IKEBANA 花こころ Germany
タイトルとURLをコピーしました